新聞折込チラシを入れるときの曜日がもたらす効果

新聞折込チラシを入れる曜日について

販売促進に折込チラシをご利用になっている企業様。新聞の折込チラシは、いつどの時間帯に入れると効果が期待できるのかご存知でしょうか。ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、折込チラシによる売上には、配布時間や曜日が大きく関係しているといわれております。

例えば、主婦をターゲットにしたスーパーのチラシの場合、火曜市を行っているスーパーも多く存在するため、火曜日に折込チラシを入れることで、スーパーの売上が大幅に上がるといわれております。

しかし、月曜日や木曜日はチラシ配布数が少ないため、そのタイミングを見計らって折込チラシを配布するといった手もあります。このように、折込チラシを配布する際は見てもらえるタイミングを重要視することが最も大切なのです。

また、折込チラシの中身も重要です。チラシを見たお客様はぱっと見で判断される方が多いです。
お客様の興味ある情報なのか、必要としている情報なのか、瞬時に判断させることが、折込チラシの重要なポイントです。

例えば、チラシのキャッチコピーやデザインなどに力を入れることで、お客様の目を引く可能性が高くなりますし、クーポンなどがつけることで喜ばれるお客様もいらっしゃいます。
このように、分かりやすくインパクトのある折込チラシを配布されている企業様は、実際に売上アップにも繋がっています。多くの折込チラシと比較するためにも、このような他社とは違うインパクトが必要です。

→折込チラシに関するデータ

折込チラシをご検討されている企業様、または効果のある折込チラシを希望されている企業様は、ぜひ売れるチラシ研究所をご検討ください。売れるチラシ研究所では、売れるチラシを作るためにしっかりとしたロジックを組み込んだ設計と、オリジナルのテクニックを用いた表現方法でチラシ作りを行っております。ターゲット心理に基づいた広告を目指したチラシ作成が可能です。

→「無料チラシ診断」のお申込みはコチラ


ついに公開!
チラシ集客術!!

お役立ちコンテンツ

お役立ち
アイテム集