簡易版 チラシ診断

簡易版 チラシ診断

自分で分析!簡易版チラシ診断

22項目で簡単な診断ができます!

大きく「商品力」「キャッチコピー」「基本形式」3つの項目で診断できます。

ダウンロードできますので、一度自己診断をしてみてください。

診断シート簡易版をダウンロードする

チラシ診断(簡易版)の内容について

チラシ診断(簡易版)はお客様自身で、チラシ診断シートに則って、チラシの診断を行うことができるツールです。

 

売れるチラシを作る為の項目を洗い出した、弊社独自のシートに診断項目を記入しすることで、チラシの総合的な点数や改善ポイントを見出すことができます。

診断シートに乗っている具体的な項目には「商品力」「キャッチコピー」「基本形式」という大分類と「集客」「安さ感の訴求」「価値の訴求」「安心感」「キャッチコピー」「サブコピー」「店舗概要」「全体」という中分類(八項目)とその小分類に分けて診断します。

 

チェック項目は以下のようになっています。

 

[販促概要]

・誰につたるのか

・何を伝えるのか

・今回、広告を見た人にどうアクションしてほしいか

 

[集客]

集客:
他店よりも集客商品が安い商品を打ち出す。
アイテム数:
商品点数を多くし、見た目にアピールする。

 

[安さ感の訴求]

安さ感の訴求:
大義名分(安い理由)を掲載する。

 

[価値の訴求]

ストーリー訴求:
会社・店舗・商品の歴史や、これらがができるまでの過程を掲載する。
ワクワク訴求:
商品使用時のイメージが訴求されている。
その他の訴求:
オファー(特典)がある。

 

[安心感]

会社の強み:
会社の基本理念を掲載する。
顔出し:
基本的に笑顔の写真を使う(真剣な顔にすると説得力がアップ)。
お客様の声:
複数人掲載する(ターゲットに近い人)。

 

[キャッチコピー]

位置:
上部に掲載する。
文章:
季節感や旬な話題を盛り込む。

 

[サブコピー]

位置:
キャッチの下に掲載する。
文章:
お客様の悩みの解決につながる内容を書く。

 

[店舗概要]

イベントの掲載時間:
○月は小さくし、○日を大きく強調し曜日も色分けする。
店舗:
外観・内観の写真を掲載する。
営業時間:
営業時間(およびラストオーダー時間)が掲載されている。
地図:
地図にコンビニ、公共機関、交差点名を入れている。
電話番号:
周りの文字より大きくする。
その他:
駐車場・台数を掲載する。

 

[全体]

チラシ大きさ:
B4・B3サイズで作る。
色:
ベース色は暖色系(塾など業種によって異なる場合がある)。
写真:
写真の精度にこだわっている。

診断シート(簡易版)

診断シート簡易版をダウンロードする


売れるチラシ研究所が初めての方

お届けまでの流れ

ご注文の流れ

チラシ納品までを簡単にご紹介!
当社の注文フローです

データ入稿について

データ入稿

チラシのデータの作り方のご案内入稿前に必ずご確認ください

よくある質問

よくある質問

お客様からよせられたご質問にQ&A方式でお答えしています

お問合せはコチラ

お問い合わせ

ついに公開!
チラシ集客術!!

お役立ちコンテンツ

お役立ち
アイテム集