チラシデザイン会社の選び方

チラシデザインの会社の選び方

チラシデザイン料金の「安さだけ」で選ぶと失敗します


チラシデザインはテレビでのCMで露出している会社をはじめとし、非常に安い料金でチラシのデザインから印刷まで行ってくれる会社も増えてきました。

 

もちろん安い料金で制作をしてくれるに越したことはありませんが、その安さには理由があります。

 

その一つに「時間」があります。

 

チラシデザインを1から制作しようと思えば、通常であれば手間、そして「時間」が掛かります。

 

なぜならお客様の反響を第一に考え、チラシのターゲットになるユーザーの年齢層・性別地域の特性、そしてお客様の会社の特徴など様々な事を考えた上で一枚のチラシデザイン
の中で表現していきますので非常に時間がかかります。

 

チラシデザインの制作料金は制作にかける時間と比例しますので、お客様の反響を考えると制作料金は上がります。

 

もちろんお客様とのお約束の納期がありますので、出来るだけ時間をかけないようにしたとしても、最低限の時間はかかります。

 

一方で制作に時間をかけないようにしようと思うと

 

  • デザインにテンプレートを使用する
  • お客様の状況やターゲットの属性の事は全く考えない
  • 簡単なデザインで済ませる
  • お客様側で考えたものをそのままデータ化する

 

など、反響を出していく上で非常に大切な要素を全て飛ばしてチラシデザインをしていくことになります。

 

前述のとおり、チラシのデザイン制作料金は時間に比例するのでこの場合の制作料金は「安く」はなります。

 

まれに反響が出るものもありますが、その多くは失敗します。

 

しかし、その多くのチラシは反響が出るものもありますが多くが失敗します。

 

そして反響が出なかったチラシデザインに対して、「何故反響が出なかったのか」を考える時間もありませんので続けてチラシの制作を依頼したとしても反響が出ることは少ないです。

 

初めてチラシを制作するお客様はどうしてもチラシデザインにかかる料金を基準に会社を選ぶお客様が多いですが、ここで記述してある事を問い合わせをしたお電話の中で確認してみるのも反響の出るチラシデザイン会社を選ぶ一つの手段かも知れません。

 

長い目で見たときには、反響の出ない安い料金のチラシを打ち続けるよりも、多少料金が高くなったとしても、お客様とチラシを制作する会社で反響を出していくために必要な事を共に考えていくことができる関係を築ける会社を選ぶ方が、将来的な費用対効果を考えたときには良いと考えられます。

 

もちろん、売れるチラシ研究所では

 

  • チラシデザインはお客様それぞれに合わせてデザインします
  • お問い合わせ頂いたお客様の事に様々な事を伺った上でチラシデザインをしていきます
  • チラシとは「売れる」ものでなくてはいけないという考えの下で、常に反響を気にしています。

 

初めてチラシデザインを検討しているお客様も、今まで反響の出るチラシデザインに出会うことが出来なかったお客様も、一度売れるチラシ研究所へご相談してみてください。

 

デザインスキルの高いデザイン会社を選ぶのではなく「売るスキル」の高い広告制作会社に依頼する


今回はチラシ制作をするときにデザインが得意な会社に依頼するか、広告が得意な会社に依頼すべきかの2つの種類の会社をご紹介します。

 

チラシのデザインを依頼するときに出来るだけ「きれい」なデザインや「かっこいい」デザインをいてほしいと思うことは当然のことです。

 

しかし、「きれいな」・「かっこいい」デザインと「売れる」デザインが同一であるかといえばそうとは言えません。

 

一般的にデザイン会社は・・・規模自体は大きい会社から小さい会社まで様々ですが、「デザイン性」というものには会社の大小関係なく、得意な分野がそれぞれの会社にはあります。

 

その会社の得意分野を良くわからずにチラシのデザインを依頼したときに、その会社が得意でないデザインだった場合失敗する確率はもちろん高くなります。

 

また、「デザイン」を専門にしているのがデザイン会社の特徴ですから、「どうデザインするか」は考えますが「どう売るか」ということを考えずに制作を進めることが一般的です。

 

一方で広告制作会社は・・・基本的には「売る」スキルと「デザイン」スキルを同時に持っている組織が多いです。

 

「お客様の商品を売る為の企画」をするためチラシの制作費用はデザイン会社や印刷会社と比較すると高くなる事があります。

 

しかし、「売る」ということを考えてデザインや企画をするため売上を上げていきたいと考えているお客様は広告制作会社を選択された方が良いですと考えます。

 

広告制作会社は広告を単なるデザイン物としてとらえるのではなく、お客様の売上を上げるためのツールの一つであるという捉え方をしているので、時には「あまりきれいでないデザイン」や「あまりかっこよくないデザイン」が仕上がってくることがあります。

しかし、それはお客様の売上を上げるためにあえてそのようにしていることが多いです。

 

理由は、安い商品をかっこよく見せることで高級なイメージになってしまったり、親近感のない無機質な印象を与えてしまったりする事があるためです。

 

またデザイン会社同様に広告制作会社にもそれぞれ得意な分野があります。

 

依頼する側としては得意分野の見極めが大事だと思われます。

 

制作スピードの速い会社、媒体・業種等に特化した会社、価格が安い会社等それぞれの会社の違いを簡単にご説明させて頂きましたが、お客様がどのようなチラシデザインをお望みで有るかによって依頼すべき会社は変わってくると思います。

 

一見デザイン会社なのか、広告制作会社なのか、印刷会社なのかわかりにくいというお客様はその会社のホームページを良くご覧になってみてください。あくまで参考ですが、デザイン制作会社はきれいでかっこいい、おとなしい印象のホームページで有る事が多いです。

 

広告制作会社は比較的派手な印象のホームページであることが多いです。広告制作会社のホームページはきれいでかっこよいイメージのホームページをお持ちの会社は少ないと思われます。

 

なぜなら「デザインのできる会社のデザインはきれいで当然」であるとお客様に思われていることを知っている、またどうすれば自社のサービスをお客様にお届けする事が出来るか?を軸にデザインをしていますので、単純にきれいなデザインのホームページであることは少ないのです。

 

その他にも判断する基準はたくさんありますが、もっと詳しく知りたいというお客様は一度売れるチラシ研究所までお問い合わせ下さい。

 

同時に「売れる」チラシを検討しているお客様は一度「売れるチラシ研究所」までご相談下さい。

デザイン制作会社の本当の実力を見ることができる「制作実績」や「デザイン実績」を見る


チラシのデザインを依頼する時に、制作会社を選ぶ基準の一つになるのが

 

「制作実績」「デザイン実績」になります。

 

ほとんどのデザイン制作会社は注文を頂きたいので良いことをたくさん言っていきます。

 

営業の方がお話することや、ホームページにも良いことがたくさん書いてあります。

 

このことが悪い、というわけではありません。

 

当然どこの企業も競争ですから、他社と比べて自社はどう違うのかをお客様にわかっても

 

らいたいということは当たり前の営業活動です。

 

しかし

 

お客様の立場からすれば、その言葉を全て信用するというわけにはいきません。

 

そこで、重要になるのがデザイン制作会社の本当の実力を見ることができる「制作実績」

 

や「デザイン実績」を見るということです。

 

注文の前に完成したものを見る事はできませんが、過去のデザイン制作物を確認することはできます。

 

そのデザイン制作物を確認する事で、自社のものはどうなるかを想像してみてください。

 

営業トークやホームページは嘘をつこうと思えばいくらでも嘘をつくことが出来ますが、

 

「デザイン実績」「制作実績」は嘘をつくことが出来ません。

 

大きなことを言って(書いて)ある以上、その通りの事が「デザイン実績」「制作実績」

 

に現れていなければなりません。

 

そこで、簡単に確認するべきポイントを3つ上げておきます。

 

①デザイン

 

自分が制作してみたいようなデザインの実績があるのかを確認してみます。

 

また、多種多様なデザインをしている事も確認しておいた方が良いかもしれません。

 

デザインというものには、正解や決まりはありませんので様々なデザインの実績があると

 

言う事は、それだけお客の要望に合わせることができたり、デザインの引き出しを多く持っていることになります。

 

自分が思い描いていたデザインとはかなり違うなどのトラブルを避けるためには重要です。

 

同じ様なデザインばかりしているようでは、コスト削減でテンプレート化したデザインを行っている可能性があります。

 

テンプレートを全面的に否定するつもりはありませんが、販促の効果にはかなり影響があるでしょう。

 

②構成

 

デザインの話をしていると、どうしてもデザインにばかり目がいきがちですが、実はデザインよりもコンテンツ構成の方が重要です。

 

掲載している商品やサービスの魅力を伝えるために、どの様なコンテンツを掲載するのか。

 

また、そのコンテンツをどの様な表現で伝えるのかが大切になります。

 

コピーや細かい表現まで見てみてください。

 

③制作実績の数

 

デザイン制作会社の実力を測る物差しとしては実績数が挙げられます。

 

実はデザイン制作会社は、1度ご注文を頂いただけではそれほど大きな利益を生むことはできません。

 

一番初めの注文で結果を出し、評価をして頂くことでリピートにつなげていくのです。

 

実力が伴っていなければ、多くの注文を得る事ができないのです。

 

多くの制作実績があるということは、多くのお客から指示を得ているという証拠となります。

 

そのためホームページに数点しか制作実績が掲載されていない会社にデザイン制作を依頼するのは要注意だと言えます。

 

チラシデザインを検討していて、どこの会社を選べばよいか迷ってしまったお客様は、一度その会社のホームページの「制作実績」「デザイン実績」を是非確認してみててくだ

さい。

 

その会社の「実力」を図る事ができます。

 


ついに公開!
チラシ集客術!!

お役立ちコンテンツ

お役立ち
アイテム集