活版印刷

活版印刷

凸版印刷の一種。鉛や樹脂製の「活字」を組み合わせた版(活版)を用いる印刷技法。
日本では昭和中期まで印刷文化の中心に君臨していたが、活字を使った印刷はオフセット印刷にとって代わられ1980年代にはほぼ姿を消した。
活版の意味は、途中訂正のある場合はその文字部分だけを自由に抜替えて直す (差替えという) ことができる活字 (活動できる字) を使用するところからきたもので、書籍、新聞、雑誌などがこの方式で印刷されている。


ついに公開!
チラシ集客術!!

お役立ちコンテンツ

お役立ち
アイテム集