チラシデザインで写真を効果的に使うには

写真の効果的な使い方

チラシを作るとき、文章だけでは伝わらないイメージも写真を使用することで伝わりやすくなります。しかし、写真の使い方を全て同じようにすると紙面が単調になり、伝えたい情報が伝わりにくくなってしまうため注意が必要です。また、写真の見せ方によっては読み手の印象はずいぶんと変わります。

様々な写真の見せ方

写真の使い方には角版という四角く切り抜いて使用するもの、切り抜きといって背景をなくして必要なモチーフの輪郭に沿って切り抜いて使用する2つの方法があります。

◯ 角版

四角形の写真をそのまま使うことで存在感があり、堅いイメージや安定感のある演出をすることができます。全体的な画像やクローズアップなどにも使用することができます。

◯ 切り抜き

意図的に写真の背景を削除して、商品だけをクローズアップして見せることで、目を引かせることができます。その商品のイメージをダイナミックにし、より印象的に見せることができるのです。注目をさせたい商品の写真はこの切り抜きの方法がおすすめといえます。

動きをつける

写真を配置する場合、全て同じ大きさで並べるのではなく、写真の大きさに動きをつけて、アピールしたいものを大きく扱います。また、配置する方向によっても見え方が変わってきます。
水平方向、垂直方向とどちらかに揃えることで、紙面全ての商品に目が行き届くようにすることもできます。そして動きを持たせるものは、最もアピールしたい写真だけに絞り、そのほかの写真は整然と並べると自然な視線誘導が可能になるのです。

売れるチラシ研究所ではチラシ印刷やチラシデザイン、折込チラシなど売れるチラシを低価格にて提供しております。チラシに関することならお気軽にご依頼ください。売れるノウハウが詰まったチラシデザインを提供しておりますのでご安心ください。

→制作実績


ついに公開!
チラシ集客術!!

お役立ちコンテンツ

お役立ち
アイテム集