チラシの作成には色の組み合わせが重要です

チラシ印刷で大切な色選び

チラシ印刷をする際、色選びは非常に大切なものとなります。チラシ印刷において色選びはどのような点に着目すれば良いのでしょうか?

業種やチラシの内容を考えましょう

カラーチラシを制作する場合には、業種やチラシの内容を考えることが大切です。人が色をイメージする場合、そのほとんどは共通のイメージになります。オレンジや赤などの暖色系の場合だと「明るさ」「温かさ」などを感じさせますし、青などの寒色系の場合は「涼しさ」「落ち着き」などを感じさせることができます。つまり、カラーチラシを制作する場合には、この共通イメージに合わせて業種やチラシの内容を考えれば良いのです。

例えば、飲食店のチラシを制作する場合には、食欲を促進させる赤や黄を配色すると、集客に繋がることが考えられます。また、エステやマッサージなどの業種であれば、リラックス効果が期待できる緑などの配色を考えると良く、夏季のイベントや塾のチラシなどは涼しさや落ち着いた印象を与えるために青系の配色が好まれています。

反発し合う色使いは避けましょう

例えば、色の帯の中に別の色を重ねてチラシを演出する際には、反発し合う色使いは避けましょう。確かに、反発し合う色同士を使用するのは目立つカラーチラシとなるのですが、場合によっては目が痛くなってしまう色彩になることが考えられます。
そのようなカラーチラシでは、消費者に対して良いイメージを与えることは難しくなってしまいます。つまり、単純に目立つだけの色使いというのは、時にマイナスイメージを与えることに繋がってしまうのです。そのためカラーチラシの制作を考えた際には、お互いがマイナスに作用しない色使いを考えることが大切です。

上記のポイントは、カラーチラシにおいて重要なポイントとなりますので、ぜひ覚えておきましょう。

売れるチラシ研究所では、激安のチラシ印刷と売れるデザインの提供でお客様のチラシ制作のサポートを行っております。デザイン込みの料金であっても相場価格よりもお安くサービスを提供いたします。東京・大阪はもちろん、全国でチラシ印刷やチラシデザインなどをお考えの方は、お気軽に売れるチラシ研究所にお問い合わせください。

→お問合せはコチラ


ついに公開!
チラシ集客術!!

お役立ちコンテンツ

お役立ち
アイテム集