売れるチラシのレイアウトの作り方

チラシのレイアウト

チラシ制作で最初に悩むのが文章を縦書きにするのか、横書きにするのかについてではないでしょうか。特に初めてチラシ制作をする場合は、どちらがいいのか迷われることが多いです。
チラシには宣伝したい内容を載せるのですから読み手のことを考えながら制作に取りかかりたいものです。

縦書き配置の特徴

最近では日本語の横書きは珍しいことではなくなってきていますが、もともと日本語というのは縦書きで書かれているものでした。縦書きには日本語を美しく見せるという特徴を持っています。
日本古来の文書や新聞、書籍などは確かに縦書きのものが多く、深く読み込ませるための効果的な配置といえます。このように下へと目線を移動させる縦書きは、物事を掘り下げるようなタイプのチラシ制作に適しているといえるでしょう。

横書き配置の特徴

横書きの日本語の文章を目にすることが多くなってきている現代。これはインターネットの普及による影響が大きいといえます。確かにホームページで記載されている文字のほとんどが横書きで書かれています。何らかの情報やデータには数字がつきものですが、瞬時に数字を読み取ろうとしたとき、縦書きであるとスムーズに読み取ることができません。
また、英文も同じように縦書きで書くと違和感があります。横書きに適しているものは英文や算用数字が用いられているものが考えられるでしょう。

チラシの内容に合わせて効果的に配置を変えることをおすすめします。
チラシのデザインや印刷、折込チラシをお考えなら売れるチラシ研究所へご依頼ください。
売れるノウハウが詰まったチラシデザインを提供しております。チラシデザイン実績として飲食やリフォーム、塾、美容室など様々です。

売れるチラシ研究所では、お客様の販促のコストダウンを図り、少しでも多く集客していただけるように印刷価格の業界最安値にも挑戦しております。お見積りも無料で行っておりますので料金が心配な方もご安心ください。

→制作実績
→料金表(印刷費)


ついに公開!
チラシ集客術!!

お役立ちコンテンツ

お役立ち
アイテム集